意識中くらい系パンダ

ゆるい会社員の希望と絶望。会社を使い倒して自己研鑽中。

運動会にて「俺、反則で頑張るわ」

 

 

 

とても印象に残っているクラスメートがいる。

 

私の中学の運動会では毎年クラス対抗でバスケットやバレーボールなどをやっていた。

 

こういうのは女子でも張り切る人はいるのだが、男子のスポーツを得意とする人の中には異様なまでの拘りを見せる人がいる。

 

男子はスポーツマンでグループを形成していて、そのグループはクラスの中で一定の力を持っている。

 

私の学校の運動会は参加競技を自分で選べたので、そのスポーツマングループがそのままチームになっていた。

 

だが、スポーツマンとよく一緒にいてスポーツマングループに所属しているようでも、それほどスポーツが得意という訳ではない人もいた。

彼のことをSとしよう。

 

そのスポーツマングループは、運動会でバスケットボールのチームを作ることになっていた。

Sもその一員だ。

 

スポーツマングループのリーダー格はなんだか知らないけどどうしても勝ちたいらしい。

そんな中、Sは自分がそれほど貢献できないであろうことにプレッシャーを感じていたのだと思う。

 

ある時、Sがスポーツマングループの他の人たちに対し、こう言っていた。

 

S「俺、反則で頑張るわ」

 

はっきりそう言っていた。

少なくともその場面を2回見かけた。

だが、それに対してスポーツマン達は何も答えなかった。

おそらくそれ以前にも話していて認識していたが、自分達が指示していると思われたくないから何も答えなかったのだろう。

 

しかし、反則で頑張ると言ってももちろん審判はいる。

何をどう頑張るつもりなのだろうか。

いや、結局大したことはできないだろう。

私はそれが冗談だと思い、聞き流していた。

 

だが、試合のときになって驚いた。

 

これはただの学校内のどうでもいい行事。

審判がいるといってもやっているのは先生か生徒、つまり素人だ。

バスケットボールならどうしてもボールを持っている人に意識が集中してしまう。

 

Sはその裏をつき、ボールと少し離れたところにいる相手チームのキープレーヤーに堂々としがみつき、ボールに近づけないよう動きを封じていた。

 

私も最初は気がつかなかったが、ゲーム中盤にふとSのことが気になって見たときに分かった。

 

相手チームのキープレーヤーがボールのところに来れないので、自分達のチームのボス達はたくさん点を取って活躍していた。

相手チームのキープレーヤーは当然Sに怒っていたが、Sはやめない。

審判にも訴えていたが、Sは審判が見ているときにはしがみつくのをやめる。

そして審判がまたボールに集中し始めるとまたしがみつく、ということを繰り返していた。

 

彼のことを卑怯だと思うかもしれない。

いや、卑怯なのは卑怯だ。

 

だが、私はむしろ感心してしまった。

 

通常であれば自分が活躍したいはずなのに、ここまでチームに滅私奉公するとは。

 

私はSとは特に親しくなかったが、Sは割と人を傷つけないタイプに見えた。

クラスには他人の悪口ばかり言う人が多かったので、Sはむしろ優しい人に見えた。

 

一方で、学校の運動会のシステムの裏をつくこの狡猾さと行動力。

 

こいつは超小物に見えて実は超大物なのかもしれない。

 

想像するに、彼にとってスポーツマングループにいることはある種のステータスだったのかもしれない。

あるいは、スポーツマングループに気に入られておかないといじめられるという恐れがあった可能性もある。

 

何かしらどうしても気に入られる必要があり、ただの学校内の行事にも関わらず反則に手を染めたのかもしれない。

 

だが、相手チームには確実に嫌われる。

審判は気づいていなくても、見学中の生徒は何人もいる。

もちろん、相手のクラスの中にも気づいている人もいた。

 

これが嫌われる勇気というやつか。

 

 

スポーツマングループの価値は社会人になると激減する。

スポーツをする機会などほとんど無くなるからだ。

 

あのとき、Sはスポーツマンにいいように使われていたのかもしれない。

 

ただ、Sとしても卒業してしまえばあのグループのメンバーはもう要済み。

今となっては興味もないだろう。

 

Sくん、彼は大物になっているだろうか。

 

今週のお題

 

 

右脳を鍛えようとしたらコミュ障になった話

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉

 

子供の頃ほとんど本を読まなかった私だったが、あるとき珍しく人間の脳についての本を読んだことがあった。

 

その中で、現代人は左脳をよく使っているけど、実は右脳の力の方がすごいんだということが書かれていた。

 

論理的な左脳に対し、右脳はイメージ・感覚で物事を処理する。

例えば、1枚の画像を言葉で表そうとすると、何百行何千行あっても完璧にはできない。

だからイメージで処理する右脳は高速なんだ、というようなことが書かれていたと思う。

 

天才と言われる人達はあまり言葉で物事を考えず、右脳を使ってイメージで考えているという。

 

子供の頃の私は、どちらかというと言葉で説明するのが上手い方だったと思う。

友達の家に遊びに行くと、まわりの子供がお父さんお母さんに前提も話さず下手くそな説明をするので、それを補って説明してあげることがよくあった。

子供だから自分も上手い訳ではなかったはずだが、まわりの子供はなんでこんな下手なんだろうと思うことがあった。

 

だが、その本を読み、言葉を使う左脳よりも右脳にそんな力があるというなら、意識的に使ってみたくなった。

 

具体的にどうしたか。

普段の生活の中で、言葉で考えることを極力減らしてみた。

それもけっこう長い間そんなことをしていた。

数日というレベルではなく何年という期間だ。

 

何か考えようとするとどうしてもある程度言葉は出てきてしまうのだが、徐々にその割合が減り、言葉が浮かんでいないのに考えられることが増えてきた。

また、気のせいかもしれないが、そのときは芸術的な能力が少しだけ表れてきているような感覚もあった。

 

確かに本当に上手く頭が回っていて、アイデアが溢れ出るような状態のときは、言葉の割合が少ないように今でも感じる。

といっても、それが私の右脳への取り組みによって出来るようになったことなのか、取り組みなどしなくても出来たことなのかはよく分からなかった。

結局効果はあったのだろうか?

 

だが、そんなことより本当はもっと大きな問題を引き起こしていた。

 

普段から言葉で物事を考えていれば、他人に言葉で説明することは比較的簡単だ。

ところが言葉で考えないように長いことしていたので、何か話したいことがあってもすぐに言葉にできず、著しく説明下手になってしまった。

 

一人でいる時間も長かったので、話をする機会が少なく、そのことがさらに説明下手を加速させた。

元々は一人でいるのが好きなだけのつもりだったが、だんだんと本当のコミュ障になってきていた。

 

学生のときはそれでもまだなんとかなる。

だが、社会人になると結構キツい。

 

会議でもその他の仕事中の会話でも、複雑なことを明確・簡潔に説明しないと相手がイラついてくる。

どれだけ高速処理で素晴らしいアイデアを考えたり深い知見を手に入れても、上手く説明出来ないと優秀とは認めてもらいにくい。

たまに「本当に頭の良い人は誰にでも分かりやすく説明できる」ということを言う人がいるが、私に馬鹿だと言っているように聞こえた。

 

社会人になってからリハビリのような日々を続けたお陰で、まぁ一応まともにはなってきたと思う。

今も一人は好きだが、仕事でもプライベートでも前よりは人と話をする機会が増えたからだ。

 

それならたくさんの文章を書くことでも言葉にする力は鍛えられるのではないか。

 

昔、携帯メールが普及し出した頃、頻繁にメールを書くことで若者の文章力が上がっているというニュースがあったらしい。

 

ブログを書くことで文章力が向上してくれたら良いのだが…

 

 

「林修先生vs高学歴ニート」で浪人が叩かれていた件

 

 

昨日、あるテレビ番組を見た。

「林先生が驚く初耳学!」という番組の特番で、塾講師の林修先生が高学歴ニートに授業を行う、という企画だった。

 

高学歴ニートは働きたくない理由、働かなくて良い理由を話すが、それに対して林先生が次々に論破していくという内容だ。

 

全体として林先生の話は納得性が高く、面白かった。

だが、ニートが働かないことに対しての意見だけでなく、浪人経験者に対してキツく批判する場面も印象に残った。

 

その場面では、だいたいこんな感じの会話だったと思う。

 

ニートさん「自分は2浪して頑張って明治大学に入った。明治大学に入ればやりたいことをやれると思っていたが、会社に入ってみると高卒や中卒と仕事内容や給与、待遇があまり変わらない。自分の2年間は何だったのかと思い嫌になった。」

林先生「就職面接でなぜ2年も浪人したか聞かれることも多いですよね?」

ニートさん「だいたい聞かれた。」

林先生「そもそも浪人制度は無い方が良いと思っている。今は少子化の影響で現役の受験生数より大学入学定員数の方が少し多い状態。つまり、今の浪人生がいるせいでまた次の浪人生が生まれる。」

林先生「大学入試は決められたことを決められた期日までにキッチリやれば受かる。それを勝手に延長して1年、2年とやれば、いい大学に行けるに決まってる。仕事でも勝手に納期を遅らせる人とは取引できない。」

 

仮に浪人していい大学に入ったとしても現役生と同じ能力証明にはならないどころか納期を勝手に延ばす人ということになるので、就活で評価されず苦労して当たり前だ、ということのようだ。

 

林先生としては、何故かイキッてしまっていたこのニートさんの鼻っ柱を折るという意図だったのかもしれない。

発言からするともしかするとこのニートさんは番組が用意したサクラだったのではないかとすら感じてしまう。

 

だが、浪人経験者には傷ついた人もいそうだ。

 

一方で林先生は、最終的には学歴は関係ないとも言っている。

世の中に求められる能力は「解決」と「創造」で、これができれば学歴に関係なく認められる、と。

 

これには賛成だが、それなら浪人だろうが、内部進学だろうが、AO入試だろうが、学部大学院編入だろうが、どうでも良いと思う。

 

個人的にはやり直しのできる社会になってほしいと思っているので、社会人再教育という考え方も賛成だし、入試の方式も特に拘らなくて良いと思っている。

 

ただ、浪人などで無理しなくても入れる大学に入る方が良いという考え方はアリかもしれない。

テストのための勉強に時間を使うより、自分の興味のあることや実世界の問題を解決するために勉強する方が、「解決」と「創造」の力は育つようにも思える。

テストのためだけの勉強よりはモチベーションを保ちやすく継続性も高いのではないかと思う。

 

私は浪人したことはないが、別に浪人することが悪いと思ったことはない。

当時は浪人生活は辛すぎると想像してやらなかっただけだ。

 

また、浪人が時間的に有利ということなら、小学生のうちから勉強して中学受験した人など、早くから勉強していた人の方も当然有利で、生まれ持った能力がなくてもより良い大学に入れる可能性が高くなるはずだ。

私のような田舎出身者は、通常は小学生のときにほとんど家で勉強などしない。

浪人の話と同じように、小学生から勉強を頑張っていたのだからいい大学に入れて当たり前だとも言える。

つまり、当然、公立中学出身者より私立中学出身者の方が有利なはずで、私立中学出身者がいい大学に入っても浪人と同じように評価を下げるべきとも言えなくはないはずだが、おそらく林先生や世間一般はそう言わないだろう。

浪人組の能力を批判するのであれば、私立中学出身者も、みんなヨーイドンで例えば1年間のみゼロから勉強したとしたら合格できる能力がないかもしれないのに、勉強時間を通常より長く取っているがために、「不当に」いい大学に入れるという考え方もできる。

仕事に例えれば、急な納期の仕事に対応できる能力がないのに、過大な評価をされているとも言える。

もし、18歳入学という条件はみんな同じなのだから早くから勉強するのも納期を守ろうとする能力のうちだ、という考えだとしたら苦しい言い訳に聞こえる。

私立中学を受験するかどうかは、親や友人など、環境の影響が明らかに大きい。

少なくとも親が金を出したくないと言えば行けないだろう。

そもそも18歳から入れるようにしているだけであって、別に納期が決まっている訳でもない。

また、日本ではほとんどの大学で18歳からしか入れないが、海外では飛び級できる。

最近、日本でも17歳以下の大学入学を認める動きがあるようだし、現役生であることの意味は益々なくなっていくと思う。

 

ただ、ネットを見ていて、しばしば内部進学やAO入試、3年次編入、大学院編入でいい大学に入るのはズルいが、浪人でなら良いということを言っている人がいる。

その理由は、上記の中で浪人だけは一般入試を突破しているから、というものだ。

 

正直、少なくとも私はAO入試編入で入学した人より浪人で入学した人の方が優れているとは特に思えない。

もしこれを言っているのが浪人経験者であれば、先ほどの林先生の話を聞いてほしいと思う。

そして、自分は他人を馬鹿にできる立場にない、という謙虚な姿勢は持ってほしい。

 

 

 

 

背筋を伸ばすと胃が痛くなる

 

ワイ「胃が痛くて寝られない。薬でも治らん」

医者「胃カメラ飲んで検査やで」

ワイ「うっぷ、苦しい…ワイの胃はどうすか?」

医者「綺麗な胃やで。なんの異常も見当たらん」

ワイ「じゃあなんで痛いねん」

医者「ストレスだろ」

ワイ(またストレスで片付ける気かいな)

 

 

私は下痢だけでなく、胃痛もしばしば起こる。

 

前から思っていたことなのだが、姿勢を良くしようと背筋を伸ばすと、胃の上部が痛くなる気がする。

胃が引っ張られているような感覚になるのだ。

 

姿勢を良くしようと背筋が伸びるよう気をつけたりストレッチをしたりすると、しばらくして胃が痛くなる。

こうなると、体を縮こまらせないと胃が痛いので、その時点で姿勢改善活動は終了する。

 

自分の姿勢が悪いのは胃のせいなのか。

 

姿勢と胃痛との関係について医者に聞いてみると、そんなの関係ない、と一蹴された。

じゃあ胃痛の原因はなんなのかと聞くと、だいたいストレスというワードで片付けられる。

これまで内科、消化器科、呼吸器内科、皮膚科など、あらゆる専門医の元へ行ったことがあるが、原因が分からなくなるといつも伝家の宝刀「ストレス」が登場する。

 

一方、ネットで調べてみると、この姿勢と胃痛の関係について、私と同じことを感じている人もいるようだ。

 

ある人の意見(多分医者ではない)では、普段が猫背だと体が縮こまった状態で胃の周りの筋肉が固まってしまっており、そのために急に背筋を伸ばすと胃が引っ張られて痛くなる、ということだった。

胃そのものというより、胃周辺の筋肉の問題という訳だ。

 

私は専門家ではないが、自分の体の感覚としては、そうかもしれない、と感じる。

 

これだと私が姿勢を良くすることは不可能なのか。

別の人の意見では、急に伸ばすと痛くなるから徐々に伸ばすようにするしかない、というものがあった。

 

この話がどこまで正しいか分からないが、こうした症状まで含めて診てくれる名医を探す旅に出たい、と考える今日この頃である。

 

 

困っている親友のために全財産を捨てられる?

 

A「ワイ、病気でお金がいるんや。親友Bさん、治療費を援助してくれや。」

B「親友のAさんのために、貯金全額下ろしてきたで!はい、2万円!」

A「社会人が貯金2万とかありえんやろ…」



ふと、困ったときに助けてくれる親友、というのはどういう人か、と考えてみた。


学校では、薄い繋がりの友達を何人も作るより唯一無二の本当の親友を作ることの方が大事だ、とはたまに聞くことだ。

本当に困ったとき、助けてくれるのは親友と家族だけだから、と。

 

確かに困ったときに損得なしに助けてくれる人がいるのは大変に有難い。

だが、親友というのは実際のところ、困ったときにどこまでのことをしてくれるものなのだろうか。


もちろん、通常はそれを期待して友人付き合いをしていないと思うが、いや、むしろそう思っているからこそなのかもしれないが、通常は親友であってもそれほど大したことはしてくれないのではないかという気がする。

 

少し極端な例だが、病気で莫大な治療費を払わないと死んでしまうが自分だけではお金が足りない状況になったとして、かなりの親友でも貯金全額下ろしてまで援助してくれるだろうか。

 

そもそも無い袖は振れないのだが、袖があったとしてもせっせとためた貯金をすっからかんにして無一文にまではならないのではないだろうか。

もちろん、もともと貯金が少ない実家暮らし学生とかであれば、

「親友のために貯金全額下ろしてきたよ、はい5千円どうぞ。」

 ということはあるかもしれない。


小中高大に会ったいろんな友人コンビを思い出し、それぞれの親友から資金援助の依頼を受けた場面を想像してみても、

「できる援助をさせてもらうよ」

と言いながらお見舞金をせいぜい10万程度を渡すか、

「自分には何もできないけど応援するよー」

と言うだけの人がほとんどではないかと思う。

 

もししばらく会っていない自分の過去の親友から、資金援助を依頼されたとして、どうするか。

学生のときの友人とは、社会人になってしばらくはよく会っていたが、今は連絡すら全く取っていない。

自分の親友だった人たちは金持ちではないにしてもある程度は稼いでいるはずだし、人間性的にもお金を騙し取ろうとはしないと思う。

とは言っても、正直なところ急にお金の無心に来られたらやはり詐欺の可能性を考えてしまう。

よく調べた結果、詐欺でないことが分かったときは、そこは昔とは言えやはり親友のためだ。

ある程度はなんとか援助する。

だが、いくら元々微々たる貯金とはいえ、全額差し出すまではできないと思う。

そしてこっちがよく調べる前に、急を要するからとか、私を信じられないのかとかいって判断を要求されたら、昔の親友とは言えさすがに信用できない。

 

お金の話は例だが、結局、親友とはいえ自分がそれほど困らない範囲でしか助けることは難しいのではないだろうか。

 

だから上記の例で言えば頼まれた側が大金持ちだったらポンと出すかもしれない。


いろいろ考えていると、金の問題に限らず、困ったときに助けてくれる親友かどうかということは、実は友人関係の強さの問題だけでなく、力を持つ友人かどうか、ということの方がまず重要になってくる、というなんとも身もふたもない結論になってしまった。


結局、困ったときに助けてくれるかどうかなんてことは考えず、友人関係の繋がりが薄かろうがあまり気にしなくてもいいのではないだろうか。

 


写真写りが良い人と悪い人の違いに気づいたかもしれない

 

 

私の認識では、素人が写真を撮ると大抵の人は実際よりブスに写る。

一方で、実物はそうでもないはずのなのに写真ではやたらと美人に見える人がいる。

 

昔、ネットで調べていたら、「写真写りが悪い人は雰囲気美人だ。実際は美人ではないのに、髪型とかで美人に見せているだけの人なんだ。写真で見る姿が本来の姿だ。」という意見があったが、そうなのだろうか。

どうもそれだけではないような気がしていたが、今まで写真写りというものの正体がよく分からなかった。

 

だが、ある日なんとなくいろんな人のLINEのアイコン(特に女性)を見ていたら、写真写りが良い人の特徴の一端が分かってしまったかもしれない。

 

それは下の3つだ。

 

(1)目が大きい

(2)顔が大きい

(3)肩幅が広い

 

前提として、LINEのアイコンは個人のアップの写真になっていることが多い。

 

目が大きく顔が小さくて華奢な女性、というのがステレオタイプな美人の特徴だと仮定する。

これと比較すると、(1)は写真がよく見える特徴、(2)(3)は実物が悪く見える特徴だ。

 

例え目が大きくても、(1)(2)(3)の特徴を全て持った人は、実際に見るとそこまで美人という感じはしないことが多いのではないだろうか。(もちろんブスということではなく、きれいな人もいます)

 

だが、顔の絶対的な大きさは一人で写っているとあまり分からない。

肩幅との比較で顔の大きさを認識することになるので、華奢な人は実際より顔が大きく見え、ゴツめの人は実際より顔が小さく見える。

主に女性の場合、顔の形も髪で隠せるので、ゴツい人の上半身のアップ写真だと顔の大きさも分かりにくいし、大きい顔が大きくないと認識されると今度はそれとの比較で身体も実際より華奢に見えるという相乗効果が現れる。

 

そうなると、欠点が消え、(1)の良いところのみが残るので、実物より写真の方が美人に見える、ということではないかと、私は感じた。

 

 

 

宅配ピザを頼んだら自分のサイコパスな部分が出てきた

宅配ピザを頼むときは、大抵家を出たくないときだ。

家を出たくない理由はその時々でいろいろあるが、最も多いのが、雨が降ってる、寒いなどの気候要因だ。

 

ある台風の日、家を出たくないので、私は宅配ピザを頼んだ。

いつもなら30分あれば来るはずなのだが、なかなか来ない。

おかしいなと思っていると、ピザ屋から電話がかかってきた。

「宅配中にバイクが転倒し、ピザを落としたので作り直しています。宅配が遅れます。申し訳ありません。」

 

分かりました、お大事に、と言って電話を切り、しばらく待っていると、ピザが到着した。

注文してから1〜2時間だと思う。

ピザ屋の中には宅配が遅れると無料になるシステムをとっているところがある。

このときは、そのピザの料金が無料になっただけでなく、さらに次回無料券までもらった。

 

「ピザを頼むのは台風とか大雨の日に限る。家を出たくないし、このタイミングで注文しまくったらまた無料券を貰えるかもしれない。」と私が言うと、可哀想だからやめなよ、と友人に言われてしまった。

 

友人は転倒したピザ屋は大丈夫かと心配していた。私は無料になって喜んでいた。

性格がだいぶ異なるようだ。