意識中くらい系パンダ

ゆるい会社員の希望と絶望。会社を使い倒して自己研鑽中。

この世で一番大切な「カネ」の話

 

だいぶ昔に読んだ本でとても面白いと思ったものがある。

西原理恵子さんの「この世で一番大切なカネの話」という本だ。

西原理恵子さんは漫画家だが、この本は漫画ではなく、自身の経験を綴った自伝的小説だ。

読んだのは何年も前なので細かい部分は忘れてしまったが、この本は本当にお勧めしたい。

この本を読んだことで自分の甘い考えが少し変わった気がする。

 

特に、下記の言葉が気に入っていた。

 

・自分探しの迷路は、「カネ」という視点を持てばぶっちぎれる

・自分で「カネ」を稼ぐということは、自由を手に入れることだった

 

将来は絵を描きたい、音楽をやりたい、と夢見ている人がいるとして、どうしたらその夢がかなうか、と考えるのではなく、どうしたらそれで稼げるか、という考え方をするべきだと書いている。

 

つまり「金にならなくてもいいから続けたい」というプライドだけでは結局続けられないが、金を稼ぐために自分をどう差別化するべきか、ということを考えれば、夢に近づける、ということだ。

 

私は昔、自分のやりたいことをやれてさえいれば収入なんてどうでも良い、と思っていた。

だが、実際には稼ぐ能力(私の場合は会社に稼がせる能力)を磨かなければ、やりたいことを続けることもできないのだ。

 

また、自分で金を稼ぐことで、誰かに依存した生活から抜け出せる、経済的な自立が自由を作る、ということも言っている。

 

 

自立というと、まれに一人暮らしできる家事能力があることを指して言っている人がいる。

しかし、一人で生きていくために経済力と家事能力のどちらが必須かといえば、間違いなく経済力の方だろう。

 

親元を離れてひとり暮らししていても、仕送りがないと生活できないようでは自立しているとは言えない。

仕送りを貰っていなくても、彼氏彼女や配偶者にお金をもらわないと生活できないようでは自立とは言えない。

ある特定の人がいなくなっただけで生活ができなくなるようでは、自立とは呼べない。

 

そして、原始時代や文明の未発達な地域なら別だが、大抵の場合、お金があれば家事なんかできなくても全然生きていける。

また、家事は覚えたらやればいいだけなのである程度はすぐにできるようになるが、お金を稼ぐことについては自分の価値を認めてくれてお金を払ってくれる人がいなければ稼ぎようがない。

それだけお金を稼ぐことは貴重なことなのだ。

 

ところで、働いて稼いでいるにしても、自立にはレベルがあると思う。

 

レベル1 : 仕事はしているが、自分の収入だけでは生活できない

レベル2 : 生活するに十分な収入はあるが、自分の会社や特定の顧客がいなくなったら生活できない

レベル3 : 十分な収入があり、自分の会社や特定の顧客がいなくなっても、いくらでも代わりがいる

 

私はおそらくレベル2になると思うので、これからはレベル3を目指したい。

 

お金があれば「嫌なやつに頭を下げなくて済む」。

これは西原理恵子さんも言っていた。

 

お金では買えないものがあるのは確かだが、お金があれば、好きなことを続けられるのだ。

 

金儲けなんて汚い、とか言っている場合ではない。

 

 

 

 

 

 

 

葬式でウケをとる坊主

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

(前回の続き)

 

 

父の葬式にて…

ワイ(うう…お父さん、何もしてあげられなくてごめん…)

坊主「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏

ワイ(バカにしてたけど、お経って遺族にとっては少しだけ癒しになるものなんだな)

坊主「なーむーあぁぁみぃだぁぁぁぁぁぶつ!!」

幼稚園生甥「ぷっ、うひひひ」

坊主「なんまんだーなんまんだー…なん…ヘックショイ!」

甥「ふひひひひ」

ワイ(なに葬式でウケとっとんねん…)

 

 

今まで何回か法事にでてきて、いろんなお坊さんに会った。

基本的に皆優しそうな雰囲気を持っているが、バックグラウンドや風貌など、いろいろな人がいる。

お坊さんなのに髪の毛が伸びている人や、元大学教授だという人、話し好きの人など、それぞれだ。

 

そしてお経の読み方も個性がある。

いかにも棒読みの人がいるかと思えば、やたら抑揚をつける人、極端に長い人などもいる。

 

以前、テレビでお坊さんが、お経を忘れて終わり方が分からなくなると長くなってしまう、と言っていたが、極端に長い人はそういうことなのかもしれない。

 

これまで個性的過ぎて志村けんのコントに出てきそうな人を何人も見てきた。

甥にとっての祖父の葬式という場にも関わらず、笑ってしまっても無理はない。

 

タイトルを見るとお坊さんに怒っているのかと思われるかもしれないが、全くそんなことはない。

子供の頃は何故葬式なんかのためにお金と時間を使うのか分からなかったが、大人になって少し分かった。

 

亡くなった人のために何もしてあげられなかったという気持ちがあっても、亡くなった後で出来ることは葬式や墓参りくらいしかないのだ。

もちろん、もう亡くなってしまった人にとって、これが何かの役に立つとは考え難い。

それでもこの儀式を行うことで遺族の心の整理には役立っているかもしれない。

今はそう思うようになった。

 

 

葬式にて 坊主「南無阿弥陀」甥「うひひひ」

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 

 

父の葬式にて…

ワイ(うう…お父さん、何も親孝行できなくてごめん)

坊主「なーむーあぁぁみぃだぁぁぁぁぁぶつ!!!」

甥「ぷっ、うひひひひ」

ワイ(こいつ、葬式で何笑っとんねん…)

 

 

父が亡くなったとき、私は家に篭って泣きまくった。

葬式のときは人前なので、私も他の家族も出来るだけ泣かないようにしていたが泣くのを我慢しているのが分かったし、母は堪えきれずに泣いていた。

 

しかし、兄の子である小学校入学前の甥、すなわち父にとっての孫だけは違った。

大して気にしている風でもなく、いつも通りだった。

それどころか坊さんがお経を読んでいる途中、読み方が面白かったのか笑っていた。

 

葬式中の不謹慎な笑い声で一瞬、「え?」と思ったが、もちろん誰もそのことに怒ったりはしない。

 

子供だからよく分かっていないのだろうし、冷静に考えると、おじいちゃんというのは案外そんなものなのかもしれない。

 

実は私もそんな感じだったのだ。

 

私の祖父が亡くなったのは、私が小学生のときだった。

初めての身内の死に戸惑い、悲しんだが、葬式では笑いはしないまでもいつも通りだった。

そして四十九日になればお経の読み方で笑ったり、強面のお坊さんのことを「海坊主」とか呼んで遊んだりしていた。

 

しかし、父が亡くなったときは、私はすでに大人であったにも関わらず、家では泣きまくったし、葬式でも四十九日でも笑ってはいられなかった。

 

やはり一家の大黒柱となり、身を削って育ててくれた父だ。

何もしてあげられなかったことを心底悔やんだ。

 

 

一方、私の祖父母が亡くなったとき、両親は泣くのを堪えていたと思う。

今思うと、法事中にふざける私を見てどう思っていただろうか。

 

「こいつ…」と思っていたかもしれないし、「まあそんなもんか」と思っていたかもしれない。

いずれにしても怒られることはなかった。

 

結局、こういうことなのかもしれない。

祖父母の死を一番悲しむのは父母の役目。

父母の死を一番悲しむのは私の役目。

 

だから父の葬式で甥が楽しそうにしていても、優しく見守ってあげなくては。

 

 

 

 

お腹が弱い人のためのアイスの食べ方

今週のお題「ひんやり飯」

 

 

前回と似たような話になってしまうが、私はお腹を壊しやすい。

 

小学校低学年の頃は何も考えずにアイスだのかき氷だの食べまくっていたが、高学年になるとほとんど食べなくなっていた。

なぜなら、学校で大便したくなかったからだ。

 

お腹を壊しているとどうしてもトイレへ行かざるを得なくなる。

都会の学校の事情はよく知らないが、田舎の学校ではいろいろ言われるのだ。

社会人、大学生、高校生にもなれば大した問題ではないが、中学生以下では面倒なことになる。

そのため、気を遣うようになったのであった。

 

だが、アイスを食べないようにする、というのは友人付き合いをする上で難しいこともある。

そういうときは、アイスをすぐに飲み込むことはせず、口の中で出来るだけ温めて溶かしてから少しずつ飲み込むようにしていた。

急に冷たいものを飲み込むとお腹が冷えるからだ。

 

今では休み前など多少お腹を壊してもそれほど問題にならない日には、アイスやかき氷を食べることがある。

昔の癖でアイスは口の中で溶かしながらゆっくり食べる。

そうするとお腹を壊しにくい。

この食べ方はお腹が弱い人には推奨したい。

 

これはアイス以外を食べるときにも使える食べ方だが、私もたまに油断してしまうことがある。

以前、ある地方都市に用事があり、一人で行った。

その地域では冷やし中華が名物だというので、お店を探して行ってみた。

しかし、氷がたくさん入れられてよく冷やされた冷やし中華を食べ、お腹を壊してしまった。

これも本来ならゆっくり食べなくてはならなかったのだが、冷やし中華でお腹を壊すという認識がなく、また、一人で来ていたため、つい早食いしてしまったのだ。

 

基本的には暖かいものだけを食べるのが良いが、それができないときには上記を気をつけることでかなりマシになるはずだ。

 

 

平成最後の夏も腹を壊す

今週のお題「#平成最後の夏」

 

 

私はよくお腹を壊す。

ここまで便秘とはほぼ無縁の人生であった。

 

会社に到着して最初の仕事は専らトイレへ行くことだ。

給料を頂きながらうんこ出来るなんて、学生の頃は想像もしていなかった。

 

だが、下痢によって私の人生はどれほど薄められているのだろう。

私は下痢のために多くの時間を費やしてしまっている。

 

会社の先輩にも毎朝トイレへ行ったまま5〜10分帰ってこない人がいるのだが、もしかすると私と同じことを感じているかもしれない。

一度そのことについてディスカッションしてみたい気持ちもあるが、嫌がられるかもしれないとの考えが先行し、今のところ何もアクションしていない。

 

私は冬によくお腹を壊す。

寒いからお腹が冷えやすいのだ。

特に寝るとき、お腹に布団がかけられていなかったがために、冷えて次の日によくお腹を壊した。

 

その要因については、厚着をしたり、お腹にホッカイロを貼ったり、お腹にだけはしっかり布団を掛けて寝るようにすることで、かなり予防できるようになった。

 

しかし、今年のように死ぬほど暑い夏でも、私はやはりお腹を壊している。

特に今年はひどい下痢が続くことがよくあった。

 

私にとってお腹を壊すことは日常茶飯事なので、これまではそれほど原因を追求しようとは思わなかった。

食べ過ぎが原因だろう、コーヒーなどの刺激物が原因だろう、辛いものを食べたことが原因だろう、、、とぼんやり考えるのみだった。

 

しかし、今年は下痢が長引くことが多かったので、何か病気なのではないか、と少し不安になってきた。

 

だが、病院に行っていきなり大腸カメラを飲むことになってしまってもしんどい…

そう思い、まずはインターネットで調べてみた。

 

「お腹を壊しやすい  何故」と検索してみたところ、「過敏性腸症候群」というワードが目に飛び込んできた。

 

過敏性腸症候群の特徴の一つとして、月に3日以上お腹を壊す、とあったが、私は完全にそれを上回る。

日本人の14%は過敏性腸症候群らしい。

私よりお腹を壊しやすい人はそう見ないので、14%だったら十分可能性のある話だ。

 

そして、最近この症状を緩和させる、科学的な根拠を持った食事法が発表されたそうだ。

その内容は発酵性の糖類を避けるというもので、例えば、小麦、フライドポテト、納豆、牛乳・ヨーグルト、果物などを食べないようにする、という、これまでの常識とは異なる意外なものであった。

 

昔から牛乳を飲んでお腹を壊すことはよくあった。

しかし、小麦や納豆、果物などについては意識したことがなかったし、ヨーグルトについてはむしろ真逆のイメージだった。

 

ただ、今年は例年よりもパンや納豆、果物を多く食べていたので、試しに食べるのをやめてみた。

不思議なことに、ここ2週間くらいはお腹の調子が良い。

 

食事の効果があったのか不明だが、もしこれで下痢と無縁になるのであれば、私の人生は大きく変わるだろう。

もし全く効果がないのだとすれば、私にとって平成最後の茶番になるだろう。

 

 

配偶者が結婚式したい派だったときにどう逃げるか



(前回の続き)



自分は結婚式なんてやりたくないのに、配偶者が結婚式をやりたい、と言い出したらどうすれば良いだろう。

しかも友人をたくさん呼んで盛大にやりたいとか。


私の知人は、結婚式など絶対にやりたくない、というタイプだったが、彼女が「結婚式をやらないなら別れる」とまで言いだしたので、結局別れたそうだ。


それも一つの対処方法だが、普通はそうしたくない人の方が多いだろう。


おそらくだが、海外で式を挙げよう、と提案するのが一つの妥協案になるのではないかと思う。


海外であれば参加者を新郎新婦だけか家族だけに限定した式にしやすい。

海外に行く交通費と時間を友人に負担させるのは通常困難だからだ。

普通であればせいぜい家族までしか呼ばない。

場所が遠ければ遠いほどそうなる。


私の知人にも、結婚式のために友人を集めるのが嫌なので、2人のみか家族のみの海外ウェディングを配偶者に提案して受け入れてもらった、という人が結構いる。

結婚式は友人を呼ぶものだ、と思っている人も、意外と海外ウェディングなら受け入れるようだ。



個人的には例え海外でもやりたくはないが…






自分の結婚式へたくさん参加してもらうには


(前回の続き)


基本的には自分には無縁だと思っているのだが、仮に自分の結婚式へたくさん人を呼ばなければならないことになったとき、どうするのが良いか考えてみた。



まず、どんな人だったら来てもらいやすいか、ということを考えてみたい。
当然、特別に仲の良い友人を呼ぶのがいいのだが、それでは足りない場合だ。

実は、今までに私は結婚式の招待を一度しか断ったことがない。

それは何故か。
一言で言うと、友人が少ないので呼ばれることが少ないからだ。
幸いな(?)ことに、「結婚式貧乏」というものとは無縁だ。

多分、人生で最初に友人から結婚式の招待が来たときは、その友人との関係性に関わらず、好奇心で参加したくなったのではないだろうか。

少なくとも私の場合はそうだった。
最初に招待されたのは正直どうでもいい友人からで、他の人のついでに呼ばれた感じだったが、喜んで参加した。

なんせ、子供の頃は結婚式など大人のすることだと思っていたのに、ついに自分と同い年の人が結婚するのだ。
どんなものか見てみたくなった。

つまり、友人が少なかったり、若かったり、日本に住む外国人だったりなど、結婚式への参加経験が少ない人であれば、薄いつながりしかない人でも参加する可能性が高い。

通常なら嫌がられてしまう人数合わせのための招待も、そういった人達ならむしろ喜んで参加してくれることもあるはずだ。


また、友人ではなくても、会社の上司や同僚であればなかなか参加を断りにくいはずだし、そもそも毎日仕事で顔を合わせている人達なので、仮に仲が良い訳ではなくても、プライベートの顔に多少は興味があるはずだ。
あいつの配偶者は美人やイケメンなのか、どんな仕事をしている人なのか、何歳なのか、など、野次馬的な興味を持つ人も多い。
今まで何回か結婚式に参加したが、たまに学生時代の友人が2、3人なのに対して、会社の上司同僚が20〜30人くらい、というバランスになっている式を見ることがある。


後は、結婚式ではなく、お祝い会、という体にしてしまう、という手もある。
ある友人は、友人に出費をさせるのは悪い、という理由で、ご祝儀なしで参加費8000円のみのお祝い会、というものをやっていた。
これであれば友人同士の単なる飲み会に近いので、嫌がられるリスクは減るはずだ。
その人は友人の多いタイプではなかったと思うが、30〜40人は集めていた。


(次回に続く)