意識中くらい系パンダ〜会社を使い倒すゆる社員〜

会社の使いこなし方を模索するゆるい会社員。会社を使い倒す話と雑談ネタ。

確定申告〜副収入の存在を会社にも家族にも知られたくないとき【会社を使い倒す話】

通常、会社員は年末調整をするため、自分で確定申告をする必要はない。 しかし、年間の雑所得が20万円以上あったときなど、確定申告が必要になる場合もある。 雑所得や医療費控除、ふるさと納税の申請程度であれば、国税庁のHPなどを参考にして簡単に申告書…

極寒の朝、倒れた木に跨ったまま静止する謎の男

今週のお題「雪」 まだ学生だったある日、ある雪国で3日ほど滞在したことがあった。 朝起きて外を歩いていると、積もった雪の重さで木が倒れ、道に横たわっていた。 雪国では雪の重さで木が倒れることまであるのか、と少し感動できたのは良かったが、倒れた…

残業が少ない会社に転職したい人も「残業が少ない会社ランキング」はあまり鵜呑みにしない方が良いかもしれない【会社を使い倒す話】

先日、転職情報サイト、キャリコネが年代別に平均残業時間の少ない企業を発表した。 なお、「日経業界地図2018年版」に掲載されている企業のうち、登録者の口コミが10件以上あった企業の中から、平均残業時間の低い順に並べたものだそうだ。 対象期間は2017/…

会社に金を使わせれば使わせるほど人材としての価値が高くなる【会社を使い倒す話】

必ずしも終身雇用が保証されなくなった今、会社に散々都合よく働かされたあげくリストラされる、ということは常に起こりうる。 だが会社に使い捨てされるのを恐れて過ごすのではなく、こっちが会社を使い捨てるんだ、くらいの気持ちでいたいものだ。 会社の…

会社員向いてないなぁ→向いてる仕事なんてなかったw【会社を使い倒す話】

ある日の会話… ワイ「なんか最近疲れてるなぁ。やっぱりサラリーマン向いてないのかな。やめようかな」 トッモ「昼出社したり早退したり散々有給とってこれだけゆるい生活してるのに、これに耐えられないんだったら他に何もできへんで」 ワイ「そやな」 …終…

ワイ、面倒な仕事を冷たく断る【会社を使い倒す話】

ある仕事が終わった後の会話… 課長「すばらしい」 部長「この仕事は君にしかできなかった」 別部署の部長「ここまでのものは過去に見たことがない」 部長「次回もよろしく頼む」 ワイ「二度とやりません」 本部長「本当によくここまで仕上げた。大変だっただ…

豆まきで怪しいおじさんに怒られるの巻

今週のお題「わたしの節分」 節分の豆まき。 私も子供の頃にやったことはある。 どちらかというと普通は家の中でやるものなのだと思うが、近所の集まり(子供会というやつ)で豆まきしたときは、外でやっていた。 子供「鬼はー外ー!(豆ポイッ)」 謎のおじさん…

鳥頭ワイ、毎年食べ物を丸呑みしてしまって胃痛になる

今週のお題「冬の体調管理」 冷えによって胃が痛くなることもある。 このため冬になると上記の不調は起こりやすいそうだ。 私もたまに胃が痛くなることがあるが、やはり冬場になる確率が高い。 そして病院へ行って胃カメラを飲んでも炎症等は見つからず、 医…

ニューヨークにトイレが無さすぎて地獄を味わう

ニューヨークにて… ワイ(モジモジ…寒いからトイレ行きたくなった…でも全然公衆トイレがないな…) アメリカ人「寒いから温かいコーヒー買ってきてやったぞ」 ワイ「サ、サンキュー。ゴクゴク…」 10分後… ワイ(コーヒーの利尿作用でさらにピンチやで)」 私はお…

ゆる社員ワイ、理由もなく昼過ぎに出社しておいて平気で定時退社をキメる【会社を使い倒す話】

私の兄はある事務所を経営している。 昔はバリバリ働くそこそこのエリートサラリーマンだったが、激務な上に上司と反りが合わず嫌になってやめたようだ。 今は兄自身が経営者なので時間に自由が利く。 やる気が出ない日は昼過ぎに出社したり、早く帰ったり、…

運動会にて「俺、反則で頑張るわ」

とても印象に残っているクラスメートがいる。 私の中学の運動会では毎年クラス対抗でバスケットやバレーボールなどをやっていた。 こういうのは女子でも張り切る人はいるのだが、男子のスポーツを得意とする人の中には異様なまでの拘りを見せる人がいる。 男…

右脳を鍛えようとしたらコミュ障になった話

子供の頃ほとんど本を読まなかった私だったが、あるとき珍しく人間の脳についての本を読んだことがあった。 その中で、現代人は左脳をよく使っているけど、実は右脳の力の方がすごいんだということが書かれていた。 論理的な左脳に対し、右脳はイメージ・感…

「林修先生vs高学歴ニート」で浪人が叩かれていた件

昨日、あるテレビ番組を見た。 「林先生が驚く初耳学!」という番組の特番で、塾講師の林修先生が高学歴ニートに授業を行う、という企画だった。 高学歴ニートは働きたくない理由、働かなくて良い理由を話すが、それに対して林先生が次々に論破していくとい…

背筋を伸ばすと胃が痛くなる

ワイ「胃が痛くて寝られない。薬でも治らん」 医者「胃カメラ飲んで検査やで」 ワイ「うっぷ、苦しい…ワイの胃はどうすか?」 医者「綺麗な胃やで。なんの異常も見当たらん」 ワイ「じゃあなんで痛いねん」 医者「ストレスだろ」 ワイ(またストレスで片付け…

困っているときに助けてくれる友達、というけど、自分は友達のためにどれだけのことができるだろうか

A「ワイ、病気でお金がいるんや。親友Bさん、治療費を援助してくれや。」 B「親友のAさんのために、貯金全額下ろしてきたで!はい、2万円!」 A「社会人が貯金2万とかありえんやろ…」 ふと、困ったときに助けてくれる親友、というのはどういう人か、と考え…

LINEアイコンの写真写りが良い人と悪い人の違いに気づいたかもしれない

私の認識では、素人が写真を撮ると大抵の人は実際よりブスに写る。 一方で、実物はそうでもないはずのなのに写真ではやたらと美人に見える人がいる。 昔、ネットで調べていたら、「写真写りが悪い人は雰囲気美人だ。実際は美人ではないのに、髪型とかで美人…

宅配ピザを頼んだら自分のサイコパスな部分が出てきた

宅配ピザを頼むときは、大抵家を出たくないときだ。 家を出たくない理由はその時々でいろいろあるが、最も多いのが、雨が降ってる、寒いなどの気候要因だ。 ある台風の日、家を出たくないので、私は宅配ピザを頼んだ。 いつもなら30分あれば来るはずなのだが…

高級ホテルに宿泊するカップルの彼女は8割美人説

今週のお題「紅葉」 京都は言わずと知れた観光地だ。 日本の伝統的な建造物や文化が多く残り、外国人のみならず、日本人にも人気がある。 だが、京都の魅力はそれだけではない。 美味しい料理もあれば、温泉もある。 京都の街中から離れて海側へ行けば、日本…

弱点(痔)が増えた日

下痢気味の人には分かると思うが、下痢になるとお尻を拭く回数が増える。 拭きすぎて血が出ることもある。 通常は下痢が治ると出血も収まる。 だがある日、酷い目にあった。 そのころ、私は椅子を買ったばかりだった。 その椅子は人間工学に基づいて長時間座…

この世で一番大切な「カネ」の話

だいぶ昔に読んだ本でとても面白いと思ったものがある。 西原理恵子さんの「この世で一番大切なカネの話」という本だ。 西原理恵子さんは漫画家だが、この本は漫画ではなく、自身の経験を綴った自伝的小説だ。 読んだのは何年も前なので細かい部分は忘れてし…

葬式でウケをとる坊主

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 (前回の続き) 父の葬式にて… ワイ(うう…お父さん、何もしてあげられなくてごめん…) 坊主「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」 ワイ(バカにしてたけど、お経って遺族にとっては少しだけ癒しになるものなんだな) 坊主「なー…

葬式にて 坊主「南無阿弥陀」甥「うひひひ」

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」 父の葬式にて… ワイ(うう…お父さん、何も親孝行できなくてごめん) 坊主「なーむーあぁぁみぃだぁぁぁぁぁぶつ!!!」 甥「ぷっ、うひひひひ」 ワイ(こいつ、葬式で何笑っとんねん…) 父が亡くなったとき、私は家に…

お腹が弱い人のためのアイスの食べ方

今週のお題「ひんやり飯」 前回と似たような話になってしまうが、私はお腹を壊しやすい。 小学校低学年の頃は何も考えずにアイスだのかき氷だの食べまくっていたが、高学年になるとほとんど食べなくなっていた。 なぜなら、学校で大便したくなかったからだ。…

平成最後の夏も腹を壊す

今週のお題「#平成最後の夏」 私はよくお腹を壊す。 ここまで便秘とはほぼ無縁の人生であった。 会社に到着して最初の仕事は専らトイレへ行くことだ。 給料を頂きながらうんこ出来るなんて、学生の頃は想像もしていなかった。 だが、下痢によって私の人生は…

配偶者が結婚式したい派だったときにどう逃げるか

(前回の続き)自分は結婚式なんてやりたくないのに、配偶者が結婚式をやりたい、と言い出したらどうすれば良いだろう。しかも友人をたくさん呼んで盛大にやりたいとか。私の知人は、結婚式など絶対にやりたくない、というタイプだったが、彼女が「結婚式をや…

自分の結婚式へたくさん参加してもらうには

(前回の続き)基本的には自分には無縁だと思っているのだが、仮に自分の結婚式へたくさん人を呼ばなければならないことになったとき、どうするのが良いか考えてみた。まず、どんな人だったら来てもらいやすいか、ということを考えてみたい。当然、特別に仲の…

結婚式の断り方

(前回の続き)結婚式への参加を断ることは、後々の不利益になり得る。もし自分が招待する側であったとして、どのような断られ方をしたらまだマシか、ということを考えてみた。a. 「大事な予定がある」とだけ言って断るb. 「他人の結婚式の日程と被った」と断…

結婚式という風習がもたらす苦悩

特に仲が良い訳でもない友人の結婚式に呼ばれることがある。世の中には結婚式を盛大に行いたいというタイプの人もいれば、全く結婚式に興味がない人もいる。前者のタイプの夫婦が手当たり次第に知り合いを呼んでいるのかもしれない。または、一応呼ばないと…

家族旅行すら断っていた無気力人間

私が最後に両親と旅行へ行ったのは、私が小学生のときだった。 私の家が特に貧しかったとか、中学生のときに両親が亡くなった、というわけではない。 ただ単に、私が家族旅行を嫌がったのだ。 家族だけで旅行に行ってもつまらない、それならゲームでもしてい…

珍しく海外に行ってみて

今年は仕事でアメリカへ行く機会があった。去年まではあまりなかったことだ。私は今まで、英語学習に対するモチベーションが低かった。まず、外国人と英語で話をする機会は、私にはほとんどなかった。一方、英語の読み書きであれば、多少時間をかければ完璧…