意識中くらい系パンダ

超絶意識低い系無気力人間だったけど最近少し意識高くなった人の話

珍しく海外に行ってみて



今年は仕事でアメリカへ行く機会があった。

去年まではあまりなかったことだ。


私は今まで、英語学習に対するモチベーションが低かった。

まず、外国人と英語で話をする機会は、私にはほとんどなかった。

一方、英語の読み書きであれば、多少時間をかければ完璧ではないにしても調べながらなんとでもなるし、契約などの重要な場面では専門家を呼べばいい、と考えていた。


だがアメリカへ行ってみて、やはり英語を話せるようになりたいと思った。



私も同僚も英語が拙いので通訳付きで行くのだが、その通訳が何故かあまり翻訳してくれなかったりする。


こちらが日本語で話せば当然通訳してくれるのだが、相手が英語で話してもたまにしか通訳してくれない。

どうしても分からなくて通訳をお願いするとようやく訳してくれる。


また、雑談の際はたいした内容でもないので、やはり通訳してくれない。

そうなると、自分の英語力の無さに打ちのめされることになる。


英語力のない人間にとっては、英語の環境は非常に疲れる。

私の同僚も、私よりは英語がマシな人もいるが、やはり疲れるのは同様だろう。

少なくともビジネスの話は通訳なしでは成り立たない。


一方、通訳は楽しそうに現地の人と英語で雑談していた。

現地の人は、性別、年齢も様々だが、数日経つ頃には皆と仲良くなっていた。

通訳は日本人の男性で、一時期海外に住んでいたことがあるそうだ。


その人の人柄もあると思うが、言葉が喋れれば案外簡単に現地の人と打ち解けられるものなんだな、と感じた。

正直、女性なら優しくされることはあっても、アジア人の男性が英語を喋れるくらいでそんなに簡単に受け入れられるとは思っていなかった。

それを感じられただけでもアメリカに行った価値があったと思う。


だが、それ以上に重要なことは、彼らが非常に貴重な情報を持っているということだ。


なんせ彼らにとってイノベーションお家芸みたいなものだ。

素晴らしいベンチャー企業がたくさんある。

日本語による情報発信がされていないものも多いだろう。


ビジネスのコンサルタントがクライアントに何かしらの提案をするとき、「別の業界で当たり前の手法をクライアントの業界に適用する」「他の国で成功した手法をクライアントの業界に適用する」という、ある意味転用しただけのアイデア提案をすることが多い、と聞いたことがある。

といっても、他では当たり前だったとしても、クライアントが知らなければ有益な情報だろう。


これと同じように、米国等海外のイノベーティブな情報をいち早くキャッチし、それを日本で紹介できるだけで、一気に人材としての価値が上がると思う。

英語が話せることは、ある階層の人たちにとっては当たり前なのかもしれない。

しかし、そうでない集団の中にいれば、やはり価値は高いだろう。


私はゼロをイチにするアイデアを出せる人間が一番価値が高いと思っているのだが、1人の人間がアイデアを出すスピードにもやはり限界がある。

外から見ると、ズルいが情報の横流しの方が有益なのかもしれない。


そうなってくると、英語を無視できなくなってきてしまう。

正直、面倒なので勉強したくはないが。。