意識中くらい系パンダ

超絶意識低い系無気力人間だったけど最近少し意識高くなった人の話

家族旅行すら断っていた無気力人間


私が最後に両親と旅行へ行ったのは、私が小学生のときだった。


私の家が特に貧しかったとか、中学生のときに両親が亡くなった、というわけではない。

ただ単に、私が家族旅行を嫌がったのだ。


家族だけで旅行に行ってもつまらない、それならゲームでもしていたい、と思っていた。


そして、おそらく自分の家族だけで旅行に行ったのは、小学2年か3年のときが最後だったと思う。

それ以降は私の友人も一緒に連れていってもらっていた。


もちろん友人の分の宿泊費等は友人の両親に出してもらっていた。

しかし、大人になった今考えると、他人の子供を旅行に連れて行くというのは、万が一のときの責任も発生する上に、相手の家庭の懐事情も鑑みて宿泊先等を決めなくてはならず、本心ではかなり面倒だったと思う。

仮に私が親の立場だったら確実に断っている。

そうでなければ私が旅行に行かないので、仕方なく了承したのだろう。


両親としては私が幼いうちに旅行に連れて行って思い出を作りたかったのかもしれない。

あるいは、子供のうちに旅行へ行くことも、私にとって将来役に立つ経験の一つと思っていたのかもしれない。


高校生になると、父が仕事で1週間ほど海外へ行くので母とともについてこないか、と言われたが、それも面倒だと断った。

そのとき、母は海外へ行くことも経験しておいた方が良い、と説得しようとしたが、当時の私には響かなかった。

学校の修学旅行も国内しか行かなかったので、結果的に20代になって初めて海外へ行くことになり、やはり準備の仕方が分からずそれなりに困ることになった。


最後に家族だけで旅行に行った先は、おそらく福井だったと思う。


父は釣りが好きだったので、ときどき一人で海に行っていたし、家族で海に行くこともあった。

家が太平洋側にあったので、それまでは夏休みに海へ行くとなると、必ず太平洋側の海へ行っていた。

いつも行っている太平洋側に行ってもつまらない、日本海側へ行きたい、と私が言ったので、初めて日本海を見に行くことになったのだ。


日本海側は岩場が多いが、水が透き通っていて海の底が見えるくらいだった。

それまで見ていた太平洋側の海は、常に濁っている。

海ってこんなに綺麗な場所もあるのか、と感動したのを覚えている

未だに行ったことはないが、沖縄やタヒチとかの海はもっと綺麗なのだろう。


父はもう亡くなったので、それが両親と家族だけで旅行に行った最後の思い出となった。


大学進学に際し、私は家を出て一人暮らしを始めた。

それ以降、実家に帰るのは多いときで年3回、少なければ年1回だった。

一般的な親子と比べると、父と一緒に過ごした時間は短い方だろう。


せめて子供の時の家族旅行くらいもう少し行っておけば良かったと思う。


お節介ながら私と同じように家族旅行をいつも断っている人がいたら、是非たまには行くことも検討してみてほしいと思う。