意識中くらい系パンダ

超絶意識低い系無気力人間だったけど最近少し意識高くなった人の話

高級ホテルに宿泊するカップルの彼女は8割美人説

今週のお題「紅葉」

 

 

京都は言わずと知れた観光地だ。

 

日本の伝統的な建造物や文化が多く残り、外国人のみならず、日本人にも人気がある。

 

だが、京都の魅力はそれだけではない。

美味しい料理もあれば、温泉もある。

京都の街中から離れて海側へ行けば、日本三景の一つ、有名な天橋立がある。

春の桜も有名だが、秋には紅葉の名所も多い。

 

私はある時期、毎年のように秋の京都へ旅行に行っていた。

行くのはだいたい11月中旬から12月中旬くらいだった。

紅葉と温泉が目的だ。

 

京都は人気の観光地なので、それなりの立地のそこそこのホテルに泊まるとどうしても宿泊費が高めになる。

だいたい1人1泊3万円くらいだったと思う。

するとある時、気がついたことがあった。

 

宿泊客のカップルをみると彼女が美人ばかりだ…

 

全体の上位2割を美人だと定義すると、自分の基準では8割がそれに当てはまるように思えた。

一方で、彼氏の方はいろいろで、そうでもない人も多く思えた。

 

京都は美人が多いのだろうか。

いや、京都の宿泊客なら京都人はむしろ少ない筈だ。

 

そしてその後、他の地域へ旅行に行ったときも、高級ホテル(といっても私が行けるところなのでたかが知れているが)に宿泊し、周りのカップルを観察すると、やはり同じように感じた。

 

彼氏がいる女性なので、平均的には美人で当然なのだろうか。

いや、それもあるはずだが、普段街中で見かけるカップルはそこまででもない。

 

高級ホテルは照明がよく、綺麗に見えているだけなのだろうか。

いや、家族連れの奥さんはそうでもないように見える(大変失礼だが…)

 

家族連れに比べて若いから美人に見えているのだろうか。

いや、あまりいないが若い女同士の宿泊客や、ホテル従業員の若い女性はそうでもなく見える(大変失礼だが…)

 

ピュアな私は特に理由を考えていなかったのだが、あるとき当たり前のことに気がついた。

 

美人だから高級ホテルに連れてきてもらえるのだ。

 

仮に彼氏が旅行代のほとんど払っているのだとすると、宿泊代だけでも1泊6、7万円、その上交通費や昼食代などまでかかるので、一泊二日でもだいたい10万は超える。

多くの人にとっては少なくない出費のはず。

学生なら尚更だ。

 

彼女が美人だから、たった2、3日のために、多少無理してでもお金を出して良いところに連れてきているのだろう。

反対に、彼女が不細工であれば安ホテルで済ませたり、そもそも旅行に連れて行かず、家に泊まるだけなのかもしれない。

 

また、ある程度収入が増えたお父さんは、そこまで無理しなくても家族を高級ホテルに連れて行ける。

だから家族連れの奥さんは例外なのかもしれない。(著しく失礼だが…)

 

もちろん、高級ホテルに連れて行ってもらえていないことは、大事にされていないということと全く同義ではない。

 

美人だけど旅行自体にほとんど行ったことがないという人も知っている。

 

でも自分の友人や知り合いの話をいろいろ思い出すと…

この世はやはり残酷だ。

こうやって人生経験に差がついていくのだろうか。

 

ところでなぜ急にこんなことを書いたのか。

ただ単に、私も良い経験を積めるサイクルに乗れるようになりたいと、ふと思ったからである。

別に旅行とかそんなちっぽけなことに限らずだが、もし、誰も助けてくれないのであれば、自分で頑張るしかない。