意識中くらい系パンダ

ゆるい会社員の希望と絶望。会社を使い倒して自己研鑽中。

「林修先生vs高学歴ニート」で浪人が叩かれていた件

 

 

昨日、あるテレビ番組を見た。

「林先生が驚く初耳学!」という番組の特番で、塾講師の林修先生が高学歴ニートに授業を行う、という企画だった。

 

高学歴ニートは働きたくない理由、働かなくて良い理由を話すが、それに対して林先生が次々に論破していくという内容だ。

 

全体として林先生の話は納得性が高く、面白かった。

だが、ニートが働かないことに対しての意見だけでなく、浪人経験者に対してキツく批判する場面も印象に残った。

 

その場面では、だいたいこんな感じの会話だったと思う。

 

ニートさん「自分は2浪して頑張って明治大学に入った。明治大学に入ればやりたいことをやれると思っていたが、会社に入ってみると高卒や中卒と仕事内容や給与、待遇があまり変わらない。自分の2年間は何だったのかと思い嫌になった。」

林先生「就職面接でなぜ2年も浪人したか聞かれることも多いですよね?」

ニートさん「だいたい聞かれた。」

林先生「そもそも浪人制度は無い方が良いと思っている。今は少子化の影響で現役の受験生数より大学入学定員数の方が少し多い状態。つまり、今の浪人生がいるせいでまた次の浪人生が生まれる。」

林先生「大学入試は決められたことを決められた期日までにキッチリやれば受かる。それを勝手に延長して1年、2年とやれば、いい大学に行けるに決まってる。仕事でも勝手に納期を遅らせる人とは取引できない。」

 

仮に浪人していい大学に入ったとしても現役生と同じ能力証明にはならないどころか納期を勝手に延ばす人ということになるので、就活で評価されず苦労して当たり前だ、ということのようだ。

 

林先生としては、何故かイキッてしまっていたこのニートさんの鼻っ柱を折るという意図だったのかもしれない。

発言からするともしかするとこのニートさんは番組が用意したサクラだったのではないかとすら感じてしまう。

 

だが、浪人経験者には傷ついた人もいそうだ。

 

一方で林先生は、最終的には学歴は関係ないとも言っている。

世の中に求められる能力は「解決」と「創造」で、これができれば学歴に関係なく認められる、と。

 

これには賛成だが、それなら浪人だろうが、内部進学だろうが、AO入試だろうが、学部大学院編入だろうが、どうでも良いと思う。

 

個人的にはやり直しのできる社会になってほしいと思っているので、社会人再教育という考え方も賛成だし、入試の方式も特に拘らなくて良いと思っている。

 

ただ、浪人などで無理しなくても入れる大学に入る方が良いという考え方はアリかもしれない。

テストのための勉強に時間を使うより、自分の興味のあることや実世界の問題を解決するために勉強する方が、「解決」と「創造」の力は育つようにも思える。

テストのためだけの勉強よりはモチベーションを保ちやすく継続性も高いのではないかと思う。

 

私は浪人したことはないが、別に浪人することが悪いと思ったことはない。

当時は浪人生活は辛すぎると想像してやらなかっただけだ。

 

また、浪人が時間的に有利ということなら、小学生のうちから勉強して中学受験した人など、早くから勉強していた人の方も当然有利で、生まれ持った能力がなくてもより良い大学に入れる可能性が高くなるはずだ。

私のような田舎出身者は、通常は小学生のときにほとんど家で勉強などしない。

浪人の話と同じように、小学生から勉強を頑張っていたのだからいい大学に入れて当たり前だとも言える。

つまり、当然、公立中学出身者より私立中学出身者の方が有利なはずで、私立中学出身者がいい大学に入っても浪人と同じように評価を下げるべきとも言えなくはないはずだが、おそらく林先生や世間一般はそう言わないだろう。

浪人組の能力を批判するのであれば、私立中学出身者も、みんなヨーイドンで例えば1年間のみゼロから勉強したとしたら合格できる能力がないかもしれないのに、勉強時間を通常より長く取っているがために、「不当に」いい大学に入れるという考え方もできる。

仕事に例えれば、急な納期の仕事に対応できる能力がないのに、過大な評価をされているとも言える。

もし、18歳入学という条件はみんな同じなのだから早くから勉強するのも納期を守ろうとする能力のうちだ、という考えだとしたら苦しい言い訳に聞こえる。

私立中学を受験するかどうかは、親や友人など、環境の影響が明らかに大きい。

少なくとも親が金を出したくないと言えば行けないだろう。

そもそも18歳から入れるようにしているだけであって、別に納期が決まっている訳でもない。

また、日本ではほとんどの大学で18歳からしか入れないが、海外では飛び級できる。

最近、日本でも17歳以下の大学入学を認める動きがあるようだし、現役生であることの意味は益々なくなっていくと思う。

 

ただ、ネットを見ていて、しばしば内部進学やAO入試、3年次編入、大学院編入でいい大学に入るのはズルいが、浪人でなら良いということを言っている人がいる。

その理由は、上記の中で浪人だけは一般入試を突破しているから、というものだ。

 

正直、少なくとも私はAO入試編入で入学した人より浪人で入学した人の方が優れているとは特に思えない。

もしこれを言っているのが浪人経験者であれば、先ほどの林先生の話を聞いてほしいと思う。

そして、自分は他人を馬鹿にできる立場にない、という謙虚な姿勢は持ってほしい。